大阪市北区の大阪主婦之会保育園では、いざという時のためにも伝染病にかかった時の対処方法についてご紹介しています。

すくすく のびのび 元気な保育園

証明用紙

もし、伝染病にかかってしまったら、集団生活ですので、きちんと治してから登園しましょう。
医師の登園許可等が必要な場合がありますので、下の表を参照し、証明書を提出してください。
証明用紙は、保育園に用意してありますが、下記のボタンをクリックし、証明書をダウンロードして使っていただいても結構です。


医師の登園許可書は、PDFファイルです。ファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。


子供のかかりやすい病気

病名 主な症状 感染経路 潜伏期 休園のめやす 予防および注意
●麻疹(三日はしか)
医師の証明書が必要です
熱がなかなか下がらず、咳が強くなることもあります。
眼が赤くなり、目やにができます。
やがて赤い小さな発疹が全身に広がります。
せき
つば
のど
9~12日 熱が下がって、3日たち食欲もでて元気になるまで
  • 全身の抵抗力が弱るので十分体力を回復してから通常生活に戻りましょう。
●風疹(三日はしか)
医師の証明書が必要です
軽い熱がでて、赤い発疹が体じゅうに現れます。
また首や耳の後ろのリンパ腺がはれます。
2~3日で熱が下がり、発疹もきえます。
のど 2~3週間 熱が下がり発疹が消えるまで
  • 流行時には、特に妊娠中の人は注意しましょう。
●流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
医師の証明書が必要です
熱がでて、耳の下がはれ、口を開けると痛がります。 せき
つば
2~3週間 耳下腺のはれがひくまで
  • はれている間は、感染力があります。
  • 両側、または片側の場合もあります。
●百日咳
医師の証明書が必要です
咳がだんだんひどくなり、ヒューコンコンなど特有の咳をするようになります。 のど 1~2週間 百日咳特有の咳が出なくなるまで
  • 百日咳は他の感染症とちがい、母親からの免疫を受け継ぐことが少ないので、新生児でもかかります。
●水痘 (みずぼうそう)
医師の証明書が必要です
突然、胸や背中、頭髪の中に数個の赤い発疹ができ、半日~1日でその発疹が水をもち、かゆみを伴いその後、次々と全身にひろがります。 せき
つば
2~3週間 全ての発疹のかさぶたが黒くカラカラに乾くまで
  • 爪をきり、石けんで手洗いをしましょう。
  • ひっかくと化膿して、あとが残るのでかかないようにしましょう。
●ヘルパンギーナ
保護者の届け出が必要です
熱がでて、口の中に特有の小さい水泡ができる夏風邪の一種です。
咽頭痛のため、よだれが多くなります。
せき
つば
2~5日 熱が下がり口内炎発疹が治り、体力が回復するまで
  • 食事に注意し、食べやすいものにしてあげましょう。
  • 水分補給を十分にしましょう
●咽頭結膜炎(プール熱) 
医師の証明書が必要です
夏に多く、プールを介して流行する。
高熱がでて結膜炎をともないます。
くち
のど
5~7日 主な症状が消えて
2日たつまで
  • 感染力がきわめて強いので手洗いをよくし、タオル等の共用はやめましょう。
●インフルエンザ
医師の証明書が必要です
熱がでて、頭痛や関節痛があります。
乳児では、おうと下痢などもある。
せき
つば
1~3日 主な症状軽快まで
  • 流行期によりウイルスの型が違います。
  • 手洗い、うがいを十分にしましょう。
●溶連菌感染症
医師の証明書が必要です
発熱とのどがはれ、首のリンパ節もはれます。
舌に苺状のブツブツがでて、全身に発疹を伴うことがあります。
せき
つば
さわる
ふれる
2~7日 診断がつきにくいが主要な症状が
消退するまで
  • 急性腎炎を併発する恐れがあるので、医師の指示をきちんと守って下さい。
    また、繰り返し感染する人もあります。
●伝染性膿痂疹 (とびひ)
医師の証明書が必要です
虫さされ、あせも、すり傷などに細菌が入って水ぶくれができます。
この水ぶくれがやぶれて、その中の菌が次々他にうつってふえていきます。
水あそび
プール
1~2日 発疹が全て乾くまで
  • ひふを清潔にしましょう。
  • 爪を短くし、手洗いをよくしましょう。
●手足口病
保護者の届け出が必要です
軽い発熱とともに、手のひら、足のうら、口の中に水泡をもった発疹がみられます。
口内の症状が強いと食欲がおちます。
お尻やふともも部分にもできることがあります。
せき
つば
くち
3~4日 発疹が消失するまで
  • 食欲がおち、脱水症状になることもあるので注意しましょう。
●伝染性紅班 (りんご病)
保護者の届け出が必要です
突然、顔、ほほにりんごのような、真っ赤な発疹ができる。
四肢では、網目状の紅班を生じるのが特徴です
つば 10~15日 発疹が消えてほっぺの赤みがとれるまで
  • 診断がついた時には人にはほとんどうつしません。
  • 妊婦がかかった時は、医師に必ず相談しましょう。
●ノロウイルス性胃腸炎
医師の診断が必要です
吐き気、下痢、腹痛で発熱は軽度。
1~2日で治癒。
経口 1~2日 主な症状治癒するまで
  • 感染力が非常に強いので食事の前やトイレ後は必ず手洗いし、便や嘔吐物を適切に処理する
●ロタウイルス性胃腸炎
(乳幼児嘔吐下痢症)
医師の証明書が必要です
嘔吐、下痢、発熱。
激しい嘔吐が1日5~6回、下痢が3~8日続く。
発熱は半日~1日で終わる場合が多い。
経口 2日 主な症状治癒するまで
  • 大量のウイルスが含まれる便や嘔吐の処理に注意する。
    脱水症状に注意し下痢止めは使用せず。
●マイコプラズマ肺炎
医師の証明書が必要です
激しく乾いた咳、発熱、全身倦怠感痰を伴わない「コンコン」という乾いた咳が長時間続く。 飛沫 2~3週間 主な症状治癒するまで
  • 咳が頑固で続くような場合は肺炎に進展している可能性があります。