大阪市北区の大阪主婦之会保育園では、『健康で明るい子ども・すなおでやさしい子ども・がまんづよくはきはきした子ども』を保育目標としております。

大切にしていること|本園は1951年(昭和26年7月)、大阪主婦之会役員の協力のもと、故馬場チミ前会長が初代園長に就任して開設しました。

大阪主婦之会保育園設立の想い

戦後、婦人運動の草分け的存在である大阪主婦之会の会長として活動していた故馬場チミが、
「安心して子ども達をあずける事が出来る施設を!」という会員の婦人達の熱い要望と協力を受けて
1951年(昭和26年7月)、大阪主婦之会保育園を開設しました。

当時、戦争孤児が巷にあふれ、戦争未亡人達が子どもを抱えて途方にくれる様子を目にし、
子ども達が心身共に安定して生活出来て、何物にも妨げられず伸び伸びと成長できる場所が必要だとの
強い信念の元、自ら初代園長に就任し手探りの保育をスタートさせたのです。

創立当初の園舎は、現園舎の北隣に瓦葺、平屋建ての建物で、実員100名でした。
1969年に鉄筋3階建ての現在の園舎を新築。
以来、今日まで試行錯誤を重ねながら、全ての子ども達の幸福を願い、心身ともに健やかに育つよう、
職員一同、愛情を持って保育につとめています。

園長 馬場 三知


大切にしていること

乳幼児期は人間形成の基礎を作る大切な時期です。
当園では、子ども達が心身ともに安定して、思う存分遊んだり、興味あることに取り組める、家庭的な雰囲気の集団生活を目指しています。
また、基本は年齢ごとの生活の充実ですが、さらに縦割り保育で、異年齢同士の自発的な行動や遊びを通して、人へのやさしさ、
思いやりが育つように心がけて生きたいと思っています。

保護者の皆様におかれましては、お仕事でお忙しい時期の子育てですが、だからこそ生活の基本である人と人とのつながり
(親と子・保護者と保育園・子どもと保育園・子供同士・保護者同士)を大切にし、連絡を密にしながら、
子どもの成長を第一に考えた保育を目指しています。

保育理念(事業運営方針)

子ども一人ひとりを大切にし、保護者からも信頼され、地域に愛される保育園を目指します。
(安心して子育て、子育ちが出来る)


教育方針

子どもの主体的な発達要求に見合った環境を整え、少人数で落ち着いた雰囲気の集団生活の中で、
一人ひとりの持っている力を発揮させ、年齢なりの心情・意欲・態度を養います。

例えば、子どもが生き生きと遊ぶ姿を見る時、まず、健康であった方が楽しく遊びに参加できますし、
遊びを進めて行くにはお互いに意思を伝え合い、工夫する事が必要だという事が分かります。
そして、何より楽しさを素直に表すことで、友達との共感が生まれます。もちろん、ルールを守ることも覚えていかねばなりません。
このように、一つの遊びの中にも様々な要素(健康・言葉・環境・表現・人間関係など)が織り込まれているのです。

大阪主婦之会保育園では、少人数で家庭的な雰囲気の中で、保育士と子ども、
子供同士の密な関係を大切にしながら、子どもの成長、発達の可能性を豊かに伸ばしていく視点として、

上記の5つの要素(領域)を大切にしながら、毎日の保育に取り組んでいます。